朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報幾何入門

7/27 13:00~16:15 東京大学工学部2号館28号講義室で
情報幾何の入門の話をする予定です
(「知能機械情報学特別講義IIの一部なので,受講している人は是非聞きにきてください^^;)

ベースは計測と制御に書いた話ですが,その講義の準備をするために
Googleで調べていたら,甘利先生が「システム・制御・情報」
情報幾何の連載してたんですね. 知らなかった.
でも近くの図書室に見に行ったら製本中で全部は見られなかった...

少し見たところでは,ページに余裕があるのでゆったりとわかりやすく
書いてありました. きっと本になるでしょうね.
しかし,こんな大作が書かれていたのも知らずに書いていたとは身の程知らずというかなんというか...
【“情報幾何入門”の続きを読む】
スポンサーサイト

音楽に例えると...

このブログの最初にIBISの住人たちといういい加減な落書きを書いたのですが,その類のシリーズ第2弾で,この前お昼ご飯を食べているときに話題に出たのでここにメモっときます.

分野を音楽に例えると...

「数学」:クラシック 微細なピアノの細かいニュアンスまで気にする緻密さがある

「物理」:ジャズ 高度なテクニックを駆使し,豪胆なイメージ

「工学」:ポップス 万人受けするがやや安易?

すると演歌はどうなるとかいう話になって,情報理論?とか統計学?とかいろいろ説は出ましたが,あくまでアナロジーの話なのであまり深く追求しても意味がないのでこの辺はみなさまのイメージにお任せします.

前にも書きましたが,あくまで遊びなんでまじめにとらないでください.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。