朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

学習システムの理論と実現(第2刷)

学習システムの理論と実現が8/31付けで第2刷となりました.
ご愛読ありがとうございます(といって一人で書いているわけじゃないけど).
今回も一応誤植修正があったのですが,校正当時に忙しかったのと,刷の更新ということで最小限の修正のみです.

知っている人からの評価は概ねいいのですが,ネガティブなコメントとしては,
・初心者に勧めるには内容がきつい
・網羅的ではない
とかいうのが多いですね.
以上はまあ教科書ではないということで仕方ないですね.
・逆に専門家にとっては詳しいところまで書いてない部分がある
という意見もあり,これはこの厚さからすると仕方ないところではあります.

教科書としては最近出た Bishop 本をしましまさんに見せてもらいましたが,まあいい感じです. ただ相当重いです(内容ではなく). Hastie 本より一回り大きく Duda Hart より重いかも. もし買ったらここにも review を書こうと思います.

学習システムの... は持ち歩くにはハンディでいい本ですね.
最近も能動学習の勉強をするのに持ち歩いて読んでました.

朱鷺の杜wiki は教科書的な説明もあるのですが,やはりパラパラ読めないのがちょっと辛いですね. 私も更新をずっとさぼっているし(しましまさんはじめ更新してくださる方々に感謝).
全体をオーバービューするページがある程度必要かも.
「情報量」「最小2乗法」「相関係数」とかはそれなりにまとめて書いたんですが. 全体の中に埋もれてしまうし.
ツリー表示とかも可能ですがイマイチ汚い.
こういうのも web2.0 技術が進めば見やすくなるんでしょうか.
スポンサーサイト

dmss2006

来週から札幌で人工知能学会の研究会が主体になって行われる国際ワークショップ DMSS2006 (The International Workshop on Data-Mining and Statistical Science) が開催されます.

しましまさんが順序を使った協調フィルタリングの発表をしますので是非見に行ってください. 一応私も連名です.

データマイニングはアプリケーションとしては別にそんなに興味はないんだけど,いろいろ新しい手法を考える材料を与えてくれるという意味では結構いけてるかも.

しましまさんとは最近順序の次元圧縮の話もやって,ICDM にオーラルで通ったし,追い風吹いている感じです. NIPS は相変わらずツメが甘くて全然通りませんけど(順序の話じゃないですが).

しかし DMSS2006 はまだプログラムが TBA なんですけど大丈夫なんでしょうか...としましまさんが心配していました.

ibis2006 deadline

IBIS に関する情報.

8/31 だった締め切りが本日 9/7 まで延長されました.
(もっと早くここで告知すべきでしたが,一部MLには流れたのでご存知の方も多かったのでは)
今日必死で書けば間に合うと思いますのでみなさん投稿しましょう.

「確率モデルと集団最適化」オーガナイズドセッションについて
8/31 頃はパニクっていたのですが,締め切りが今日まで延びて,やっと原稿を書き上げました. 例によって図を描いたりしているひまがなかったので文字だけ原稿です^^; プレゼン用には図をいっぱい作って web にも置く予定ですので許してください.

公式HP にあるとおり,私がちょろっとイントロしたあと,伊庭先生@東大に EDA のチュートリアル,それから実行委員長の鈴木先生にも講演していただきます.
スケジュールは一応 10/31 (初日) の午後に予定されていますが,まだプログラム策定中なので正確なところは公式 HP に出るのを待ってください.

さらに,Heinz Muelenbein の招待講演もあります.
Muelenbein は RWC がらみで長い付き合いですが,会うのは久しぶりです.最近 EDA がらみでいろいろ仕事をしているようなのでその話をしてもらいます.
というわけでみなさん(私の講演はともかく)どしどし聞きに来てください.

FC2Ad