朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

NHK ポアンカレ予想

このブログもずっと放置してあったのを最近久々に更新。
サーチワードを見てみると、一時期トップにあったパーティクルフィルタとかを抑えてペレルマンやポアンカレ予想が上位に。 ペレルマンについてのコメント
なんでだろうと思っていたのですが、NHKで特集を組むようですね。
正確には先月 BS hi-vision で放送されたものの焼き直し?が NHK スペシャルで2007年10月22日(月) 午後10時~10時59分総合テレビで放送されるようです。番組タイトル「100年の難問はなぜ解けたのか
~天才数学者 失踪の謎~ 」

こういう番組が放送されるというのは社会的なインパクトも大きいと思います。 基礎をやっていて「何の役に立つの?」などと不毛な突っ込みを受けて、最近何かと肩身が狭い人たちも報われるのではないかと少し期待しています。

パーティクルフィルタもポアンカレ予想も私自身の研究とはあまり関係ないのですが(特に後者は^^)、とりあえずそれを目当てに来た人のために番組情報を載せた次第です。


スポンサーサイト

IBIS2007 & その前後

今年のIBISは参加無料です(ただし人数制限あり)
私も渡辺一帆さんや岡田さんの exponential family クラスタリングの変分ベイズ法についての発表に連名で入れてもらっています。Laplace 近似などの面倒な計算や実験は渡辺さんががんばってやったもので、私の貢献は少ないのですが面白い話なので聞いてください。

それから、その前の土日に人工知能基本問題研究会というのがあり、神嶌さんとの共同研究を発表予定です。これまた私がNCにしか出していない mixture モデルの次元圧縮の話と推薦システムの話をくっつけた話で神嶌さんががんばってやってくれています。 土日なので私は行けませんがこれまた面白い話なので是非聞いてください。 今回は産総研主催のワークショップ(SCIBN)と共同開催だそうですが、産総研のホームページを見てもどこにも載っていません。^^;
本村さんや福水さんなども発表があるようです。

IBIS が終わるとランダム行列勉強会で、こちらは発表予定はないですが個人的には一番興味があります。

数学セミナー「統計科学のすすめ その2」

ずいぶん書いていなかった気がしますがなんだか研究以外の用事が多いというのはあまり精神衛生上よろしくないですね.

さて,数セミ11月号(表紙にIIと書いてあって2月号かと思った)はかねて伊庭さんから聞いていた統計科学特集その2です.(その1がいつだったのかは不勉強のため知りません)

数セミなのでかなり一般読者向けにわかりやすくはなっていますが,行間を読めばなかなか奥深い著者の意気込みが伝わってきます.知っている人が多いので「よこがお」のメッセージが楽しいです.

まだちゃんと読んでいないので安易な感想は差し控えますが,全体としてのまとまりは「ベイジアン」です.伊庭さんが全体の総括(personalization とベイズモデルの効用について),久保先生@北大は生態学への応用,丹後先生@保健医療科学院は医学分野の事例,樋口先生がパーティクルフィルタとデータ同化,持橋さん@NTTが言語への応用として無限次元モデル,締めで田邊先生が統計科学を哲学的に論じています.

無限次元モデルで思い出しましたが,神経回路学会誌の樺島科研費解説特集第2弾で,渡辺澄夫先生@東工大が無限次元確率分布について述べられています. 渡辺先生の記事を読むといつも背筋が寒くなるかというか,こちらの浅はかさを全部見通されているような,ソクラテスと話しているような気にさせられます. 渡辺先生としてはそうやって我々の知識レベルを上げようとされているのだとは思いますが.

話が脱線しましたが,伊庭さんが最後にブックレビューとして何冊かの本を挙げられています.やはり出発点は「情報量統計学」なのですね.
最近の本では Bishop 本と Mackay 本が挙げられています.Hastie 本ではないところがやはりベイジアン特集らしいところですね.そもそも Hastie 本は初心者には勧めにくいですが.

FC2Ad