朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工知能学会誌「国際会議に通すための英語論文執筆」特集について

神嶌さんから面白いから読んでおくようにと指示されていた表題の特集号(2008年5月号)をやっと見た。
といってもぱらぱら眺めただけではあるが、確かに非常に参考になることがいろいろ書いてあって役に立つ。

最初の横尾先生の原稿の中の「本気で通したいか」というテーマはなるほどなあと思った。
私自身あまりインセンティブがなく、アマチュアと言われても仕方がない。
ただ、横尾先生はそこから先、アマチュア日本人研究者のインセンティブを上げるというテーマについては深くは書かれていないので、私のインセンティブもあまり向上しなかった。

次の鷲尾先生のイントロは情報科学分野の国際会議のもつ特殊性やその重要性について深く書かれており、昨今のいろいろな評価と絡んでうなずかされる点が多かった。 といってもぐうたらで飽きっぽい私には鷲尾先生のように緻密な研究計画はなかなか立てられないなあという感想である。

その次の佐藤泰介先生は国際会議やテーマについていろいろな分類をしており、これは前に産総研で聞いた話とも重なるのだが、博物学的で非常におもしろい。 といってもなかなか私の場合これを自分の研究戦略に生かしたりするのは難しかったりする。 このような分析はより定量的にその後の篠田・佐藤浩両先生の原稿でも視覚化されたものがあり面白かった。

最後に松尾先生が論文の完成度を上げるためにできることをいろいろ書いておられる。
まず、「典型的な失敗例」というのがまさに私のことだなあと思った。
次に、「論文の完成度と経験則」という題で、執筆時間と稿数との関係、稿数と質との関係について興味深い定量的な経験則を書かれていた。 
だが、私の性格から行くとここまでぎっちりはなかなかできない。 稿数が上がっても結局だらだらして執筆時間は短くならず、最初に書いたものにとらわれるので質もあまり上がらないのだ。

結論としてはもっとがんばんないと、ということになるが、やはり国際会議は査読の質が気になる。
これは何人かの先生が指摘されており、問題としては残っているものの、これは前提条件としてあきらめ、研究者はそれでもがんばるしかないという結論のようだ。 私の意見は査読システムそのものを改革しないとだめだというものだが、この話をするとたいてい大きな抵抗にあうのでもう少し理論武装しないとだめだろう。 それに弱小研究者一人ではどうせ何もできないので、Google あたりにすばらしいシステムを作ってもらうぐらいの後ろ盾がないと負け犬の遠吠えにしかならないと思う。
というわけでこれについてはもう少しあたたためてから。

それはともかく、今現在、私の性格がどうだろうと完成度を上げなければならない原稿を抱えているので、上記の各先生方の方法論を参考に改善させたいと思う。

これを書いた後少し近くの人と話をしたので追記。
【“人工知能学会誌「国際会議に通すための英語論文執筆」特集について”の続きを読む】
スポンサーサイト

神経回路学会全国大会@つくば

ずっと放置プレイしていたらFC2ブログは1ヶ月何も書かないと広告が出るという仕様になっていた。
今までの実績から言ってそんなに更新できないとは思うが、とりあえず1ヶ月1本は目標にしよう。

web ページの寿命というのを考えることがある。 まあ削除してしまわなければ存在はするわけだが、ページによってはほとんどアクセスがなくなってしまう。 これはページが死んでしまうのと同じだ。
ぐうたらブロガーとしてはできるだけ長生きのページを書くのが理想である。
だが、ブログページの構造から行くと、古いページへのアクセスはそんなによくないので、長生きのページを書くというのはブログ向きではないのかもしれない。

私の産総研のページでは EM アルゴリズムのアプレットは1996年頃作ってほとんど何もしていないが、ずっとアクセスがあるし、論文博士の記録も2001年頃からほとんど手を入れないのに、かなりのアクセス数だ。 外部からのリンクとかいろいろアクセス数を増加させるテクニックがあるようだが、本当に長生きのページはやはりその中身が大事だと思う。 そういえば最近は情報幾何のページのアクセスも比較的多いようだがそれは少しうれしい。

このブログの前回の更新は Bishop 本の前巻だったから、それから2泊4日で NIPS に行ったり、 NC 研究会に行ったりしたが、あまり報告すべきものがなかったのであまり書く気が起きなかった。(NIPSは時差ボケが治るまもなく帰ってきてしまった。 NC研では渡辺澄夫先生がまたすごくインパクトのある発表をされたらしいが、私は用事で帰った後だった。 返す返すも残念。 でもそのうち聞けるだろう。)

さて、表題とはずいぶん離れてしまったが、今年の9月に神経回路学会の全国大会がつくばで開かれます。 私も実行委員として入っていますので、できるだけIBIS系でも盛り上がるように努力したいと思いますのでみなさまの投稿をお待ちしています。(いつのまにかですます調になっている) 締めきりは七夕を予定しています。

私自身神経回路学会はずいぶんご無沙汰していますが、IBIS 同様いろんな分野の人が交錯する楽しい場だと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。