朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工知能学会誌書評

人工知能学会誌24巻3号(2009年5月) p.457 に IBM基礎研の井手剛さんが
「カーネル多変量解析」の書評を書いてくださっています.
ブログとかを除くとちゃんとした形では(おそらく)これが最初の書評だと思います.

全文公開すると著作権に触れると思うので表題だけ:
1.機械学習の「ヤバい」教科書
2.電車で読めるリプレゼンター定理
3.読者に手をさしのべる配所が随所に
4.貴重な最後の2章

というわけで,こちらが恐縮するほどほめてくださっています.
(井手さんの文章そのものもすごく魅力的です)

井手さんは新進気鋭の機械学習の研究者で,こういう方にほめていただけると著者としても
ほっとします.(井手さんにはいくつか重要な誤植も指摘していただきました. 感謝)

話は量子力学の発展の話にまで及び,これで多少は販促につながるといいなと思います.
(人工知能学会誌の読者人数がどれくらいかわかりませんが)

ただ,やはりマニアックなのかまだ普通の書店では見たことないです.
街中の本屋さんを見ると,自己啓発本とか脳を鍛えるとか,整理法,勉強法の本が
山ほど並んでいます. 違いがほとんどわかりません...
というわけで拙著ももう少し一般に訴える宣伝を考えないといけないかもしれません.

先日冗談で出ていた販促案:

あなたもこれでやせられる! カーネルダイエット: カーネル本を全部理解するのは
大変なので読破する頃にはやせているでしょう.
○○ダイエットと名のつく本もたぶん効き目はこれと大差ないと思うのですがどうでしょう.
(いや,あくまで冗談でマジで受け取られると困ります)

さて,今週末は停電のためサポートページ等もつながりません.
このブログや朱鷺の杜Wikiは外部サーバーなので関係ありません.
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。