朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

Tsukuba.R で発表したことなど

9/19 (日) につくばのR言語勉強会,Tsukuba.R の8回目があり,初参加しました.

今回は産総研で開催していただけるということで,あかほが会場係となって
みなさんをお迎えしました.

http://wiki.livedoor.jp/syou6162/d/Tsukuba.R%238

参加するだけでは申し訳ないので,「Rで情報幾何」という怪しげなタイトルで
発表もさせていただきました. あまりにもいい加減な話で,まじめに情報幾何の
研究されている方のお叱りを受けるといけないのでスライドや ust へのアドレスは
ここには載せませんので,興味のある方はネットで探してください.

ほとんどの参加者は私の半分くらいの年齢の方々ですが,とても勉強になりました.
以下簡単なメモ:

@yag_ays さん 「Interactive design in R etc.」
グラフと生データを行き来したいみたいな,データ解析屋なら一度は考えるテーマについての実装の試みでした

@y_benjo さん 「俺のuseR!解説が45分でわかるわけがない」
useR というイベントの報告で,日本からの発表が少ないのでみなさん発表しましょうという内容
y_benjo さんはスライドの作り方がいつもセンスがあって感心します.

@twittoru さん 「@y_benjoの代わりにoAuthの話」
セキュアな twitter を R でするための実装の話. R の弱点をプログラミング能力で力づくでカバーするというすごい話.

@mickey24 さん 「Extend R with Rcpp!!!」
R から c++ のプログラムを呼ぶときに,標準だとかなり面倒なのが,Rcpp パッケージを使うとかなり楽になりますという話. R の for 文は 10^6 とかいうオーダーになると相当遅いみたいですね. おまけの R でテトリスも面白かったです. ncurses でプログラミングとか20年近く書いていない気がしますが.

@yag_ays さん「お蔵入りになっていたESSの話」
R の emacs 上の実行環境です. ショートカットキーがなかなか便利そうなので今度試してみようと思いました.

その後懇親会もあったのですが,全部の参加者の twitter アカウントを書き漏らしたので,フォローしきれていないかもしれません.



詳細な情報は y_benjo さんのブログやそこからのリンクを参照してください.
http://d.hatena.ne.jp/repose/20100919/1284911619
なんかみなさん気を遣って? 岩波本の宣伝までしてくださって恐縮です.

一人だけ年寄り混じっていたのに温かく迎えてくださったみなさまありがとうございました.

そういえば,最近は勉強会バブル?で,Tsukuba.R と同日に Tokyo.R という R の勉強会や
コンピュータビジョン研究会と思いっきりバッティングしていたようです.
そんな中つくばまでおいでいただいた方は相当コアな方々ですね.
スポンサーサイト

第2回IBISML聴講

福岡大で開催された第2回 IBISML 研究会に行った話.
http://ibisml.org/002/

発表なしで座長するためだけに行きました.PRMU と CVIM との合同でしたが,
さすが PRMU の勢力はすごいですね. IBISML はちょっと押され気味でしたでしょうか.
でも発表そのものはクオリティが高いものが多くて聞きに行った甲斐がありました.

フェロー講演で今年の3月に産総研から広島大に移られた栗田多喜夫さんと東芝の前田賢一さんの講演も
聞き応えがあり,それを含めたいくつかの発表は ustream 配信もされたようです.
(残念ながら録画はされていないようですが)
博多の後,広島に行き,ust 配信をされた玉木さんとも知り合いになれました.

今回の参加は,IBIS2010 の準備の下見も兼ねていたので発表だけでなく運営の方もいろいろ見てきました.

そういえば IBIS2010 の発表申し込みも締め切られましたが,今年も質の高い発表がたくさん
投稿されてきたようです. みなさん是非ご参加ください.

博多に行くとアフターファイブも相当充実してしまうので体はくたくたになりますが,相当充実した出張でした.

FC2Ad