朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

研究会と動画配信

Youtube やニコニコ動画をはじめ最近はなんでも動画で見られます.
研究関係でも,国際会議や研究会を動画としてリアルタイムあるいは録画したものを放映するのが
広まりつつあります.

アカデミックなものとして有名なのは videolectures.net で,例えば神嶌さんの招待講演も
こちらで簡単に見られます.

それをもっと誰でもできるようにしたのが ustream (だと思います.よく知らないので) で,
先日あった tsukuba.R の ust も私は家にいてほかの用事などしながらナナメ見していました.

大都市近辺にいる人は直接参加することができる場合も多いでしょうが,地方にいてなかなか会合に出られないような人でも,ust で流れていればすごく手軽に聴講できるようになる画期的な道具だと思います.

期日が6/14,15と迫っているのでちょっと難しいかも知れないのですが ibisml の研究会でも ust 配信できるといいなあ
などと思ってちょっと twitter でつぶやいてみました.

実際には研究会の規定だの,発表者・参加者のコンセンサスを取るのが大変など諸々の問題があり,
すぐにとは行かないでしょうが,技術的にはすぐにできる話なので,今後研究会などは ustream 配信が当たり前になる時代が来るのではないかと思います.

twitter でも「キーノートスピーカー的な人や、ust希望者だけ中継、という折衷案でも、全然コミュニティ活性化に役立つ気がします!」というコメントがありました.

書いた後すぐに思いついたのでちょっと追記: あまりネット配信するとリアルの参加者が減るのでは?という懸念もあるかもしれないですが,私はあまりその心配はいらないと思っています. やっぱりリアルに顔を合わせることには別にたくさんメリットがあると思います.
スポンサーサイト

コメント

参加者が勝手に ust 流したら咎められるんだろか?

  • 2010/05/30(日) 20:59:11 |
  • URL |
  • 通りすがり #kKb.gW6k
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/108-362cffa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad