朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBIS2010 CFP

先日の IBISML 研究会および翌日の Latent dynamics workshop は好評のうちに終了しました.

朝が早かったので全部の講演は聴けなかったのですが,招待講演のみならず一般講演も非常に質が高くて,これまでの12回の IBIS workshop の伝統を受け継いでいるなと感じました.

さて,今年も第13回目の IBIS workshop があり,今日から最初の CFP がメーリングリスト等で流れました.(いくつかのMLについてはこれから流れることと思います)

場所: 東大生産研(駒場)コンベンションホール

重要な日付:
・論文締めきり: 9/17(金)
・会議: 11/4(木)~6(土)

詳しくはホームページを参照していただければよいと思いますが,プログラム委員長の持橋さんをはじめPCの方々が尽力されて非常に面白そうな企画セッションが予定されています.

-「データ生成過程の学習: 因果推論・特徴選択へのアプローチ」(オーガナイザー: 清水昌平(阪大))
-「多端子情報源符号化の最新事情」 (オーガナイザー: 木村昭悟(NTT))
-「理論統計学の風景から」 (オーガナイザー: 小林景(統数研))
-「量子情報理論の最先端」 (オーガナイザー: 林正人(東北大))
-「計量経済と機械学習」 (オーガナイザー: 加藤賢悟(広島大))
-「理論生物学と学習・統計との新たな接点」 (オーガナイザー: 小林徹也(東大))

また,統計力学的アプローチで著名な Manfred Opper 氏の招待講演もあります.


今年からIBISMLが発足した関係で,IBIS workshop は第3回IBISML研究会と並列開催になります.
IBIS workshop の発表は予稿のないポスターのみの発表(ディスカッショントラック)で,
IBISML研究会は予稿ありのポスター発表で,予稿は信学技法(電子情報通信学会技術研究報告)に掲載され,発表者には信学技法が無料進呈されます.

みなさまの積極的なご発表・ご参加をお待ちしています.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/109-99429794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。