朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

最近の特集号などの情報

機械学習も最近はいろいろな分野に広がっていて特集や解説もいっぱいあってフォローし切れていないのですが,私の把握している範囲で多少まとめておきます.

なお,主だったものは 朱鷺の杜Wiki にもまとめられていて,ちなみに2010年に関しては現時点で

 2010年
 特集『ベイジアンネットワークの最先端』人工知能学会誌, vol.25, no.6
 特集『大規模画像データ処理』人工知能学会誌, vol.25, no.6
 特集『ビジョンコンピューティングにおける確率的情報処理の展開』電子情報通信学会誌, vol.93, no.9
 解説『グラフとネットワークの構造データマイニング』電子情報通信学会誌, vol.93, no.9
 解説『超多重検定の最新動向』電子情報通信学会誌, vol.93, no.9
 連載解説『最近のベイズ理論の進展と応用 [I]~[V]』電子情報通信学会誌, vol.92, no.10~vol.93, no.3
 解説『転移学習』人工知能学会誌, vol.25, no.4 (2010)
 "A taxonomy of sequential pattern mining algorithms" ACM Computing Surveys, Volume 43, Issue 1


という情報が載っています. 特に「最近のベイズ理論の進展と応用」の連載はベイズの気鋭の方々による気合いの入った解説でとても勉強になります.

論文誌関係では,IEICE Volume E93-D No.10, Special Section on Data Mining and Statistical Science という特集号が 10 月号に掲載され,私も統数研の伊庭さんと共著で載せて頂きました.

現在,IBISML 関係の新たな特集号「Special Issues on Information-Based Induction Sciences and Machine Learning」が企画されており,私もPCに入れて頂いております. 締め切りは12/31までとなっておりますのでみなさまどしどし投稿をよろしくお願いします.

あと,もうすぐ発刊されると思われますが統計数理の2010年2号が統計的機械学習特集で,私も投稿させて頂きましたのでよろしければご覧ください.

解説関係にもどると,数理科学2010年10月号から甘利先生が情報幾何の解説の連載を始められています. いまでも第一線で活躍されている甘利先生すごすぎます.

神経回路学会でもいくつか動きがありました.
まず,創刊当時の学会誌が公開されており,Neuromail の案内によると

 創刊号の「会報」によれば、当時は平成元年7月に発足された学会も
 6年目に入り、正会員や賛助会員も増加して発展しきた頃でした。

 学会誌の編集は創刊号から岡部先生、石井先生、石川先生、麻生先生、
 平井先生が担当されていました。

 また巻頭言は以下の先生方の原稿です。
 1巻1号 松本 元先生
 1巻2号 外山敬介先生
 2巻1号 塚田 稔先生
 2巻2号 吉澤修治先生
 2巻3号 甘利俊一先生

 他にも貴重な論文や解説、報告、書評などが多数掲載されておりますので、
 どうぞご覧ください。


とのことです.最近の号でも和田山先生や樺島さんの圧縮センシング関連の解説など神経回路学会誌も目が離せないですね.さらに歴史をさかのぼると学会誌が発刊される以前の NEWS LETTER も公開されています.ちょうど私が研究者としてまだ駆け出し(今も駆け出しという説もありますが)だった頃で,非常になつかしい感じです. この辺りの熱い流れが現在の機械学習研究の一つの源流になっていると感じます.




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/113-9b0abb5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad