朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

metaware2005報告

2005年3月14日から16日まで開かれたmetaware2005という会議の報告です.

統数研ではよくこのような国際シンポジウムが開かれています.学習関係では2001年にやはり今回のと似たような最適化+統計という感じのNTOC2001という会議が京都で開かれました.
003年には私は出なかったのですが AIC2003というタイトルからだいたい内容の想像はつくAIC30周年を祝うシンポジウムも開かれています. 招待講演者も内外の一流どころが集まるもので,さすが統数研は違うなと思わせます. 今回も下手な国際会議よりはずっと濃い内容で非常に勉強になりました.

今回はオフィシャルには掲げられていないですが,田辺國士先生の退官記念も兼ねていると伺っています.


1日目
さて,初日は午前中が地球データ解析,午後が脳データ解析,というわけでいずれも丸いもののデータ解析でした. すごく荒っぽく行ってしまうと,この両者はすごく次元が高い割にサンプル数が少ないのでベイズ法を使うなり事前知識を入れるなりといった工夫が必要というお話でした. あと,トピックとしては産総研の脳神経情報研究部門も取り組もうとしているBMI(Brain-Machine interface つまり脳の信号を取り出して機械を動かそうという話)の発表が個人的には興味を惹かれました.

川人先生の流れるようなトークにひたすら感心しながら(あれだけ英語をしゃべれる日が自分に来るだろうか.たぶん来ないな.などと思いつつ...),聞いていました. 田辺先生が質問していましたが,川人先生とかは脳を知る手段としてBMIをやっているので,脳の状態を一度推定してからそのコードを運動指令として解釈してから機械を動かすというアプローチをとっています. しかし果たしてそのアプローチで本当に脳がわかるようになるのか私にはよくわかりませんでした. かといって,Klaus-R.Mullerみたいに信号から直接運動指令に変換する関数を学習するというアプローチも割りきりがよすぎてちょっと何のためにやっているのかということもあります. 川人先生が言っていたように,まあとりあえず今のところはいろんなアプローチでいろいろやってみるという段階なんだと思います. ということでうちもがんばろうという気になりました. BMI の面白いというか,難しい側面として,脳波から制御信号を学習した後,人間自身が学習して制御の性能が上がってしまうということです. これをポジティブに使えば,人間が学習しやすい学習器とかの設計みたいな話になるかもしれませんが,脳の理解という観点からは結構障害になるような気もします.

ほかには,有本先生のコントロールの話で,manifold としての安定性というのを考えるとシンプルな制御則でも安定なものが作れるよという話. ちょっと詳しくないのでよくわかりませんでした.ブラウン大のM.Blackという人もBMI関係の話をしたはずですが,手元のメモを見てもよく覚えていません. 谷さんは相変わらずアトラクタダイナミクスによる記号力学系というような話で,昔より言っていることがまともなので逆にあまり面白くなかった...というと失礼でしょうか.

あと,最後の石井先生の話は強化学習の最近の動向が伺えてかなり面白かった. 特に強化学習に平均場近似とかサンプリング法なんかを入れていくところは昔から興味があったんですが,実際そういう方向のことをやられていて面白そうでした. ただやっぱり強化学習はパワフルな学生さんとかいないと進まないかな.

二日目
二日目の午前中は最適化の話で,多項式最小化という問題をSDP(半正定値計画法)を用いて解くという話や内点法の話.水野先生が対数変換するとパス追跡法がうまくいくという話をしていて,田辺先生が情報幾何的には両方対数で変換しちゃうのはおかしいみたいなことを言っていましたが,直感的にはそういうことなのでしょうが,最適化がうまくいくという話が壊れては元も子もないので,両立する理論みたいなのがあるときれいですね.それから,画像修復の話をsecond-order cone problem というクラスの問題に帰着させて解くという話. ただ,これは途中からなんだか最適化しているんだかなんだかよくわからない話になってきて,途中で止めたところがベストみたいな話でした. 理論的な話から入ったにしてはかなり実用指向という印象を受けました.

午後はAlex Smolaと田辺先生の夢の競演?という感じのセッションでしたが,話がかみあってませんでしたね. Smola は指数分布族の肩の線形部分をカーネルにしちゃうという話で,まあありそうな話です. 田辺先生はSVM陣営を不毛に攻撃していたのでSmola が激しく反応していました. この辺は深く突き詰めると確率モデルというのをどうとらえるかとかそういう哲学論争になりかねないので,たぶんあまり議論してもしょうがない世界だと思います. 田辺先生の話も客観的にブレイクスルーを説明すればあんな風にはならずSmola も納得させられたのではないかと思います.それにしてもSmolaはちょっと怖い感じでした.NIPSなんかでも見かけましたが,やっぱりああじゃないと一流にはなれないんでしょうか.

ポスターセッションもいろいろ面白い話がありました. 一つは電気回路カーネルという室田先生といっしょにやられている方の話でした. 計算機で計算するといろいろ大変そうですが,電気回路で作っちゃえば一撃に計算できそう. アナログコンピュータっぽくていいですね. ただ,回路でSVMとか作ると,電気の流れるところは全部サポートベクタになっちゃうそうで,普通のカーネルよりかなりサポートベクターの数が増えちゃうんだとか.これが汎化性に悪影響を及ぼさないといいんですが...

それから,個人的に関心があるのはカーネル正準相関分析を使ってカオスの解析をするという末谷さん,伊庭さん,合原先生のグループの仕事. カーネルCCAを提案したときはアプリケーションに困ったので,思っても見なかった展開に今後の進展が楽しみです. ほかに,東工大の杉山さんが川鍋さんたちとやった射影追跡法のセミパラアプローチによって独立成分分析を解くという話がありました. あと京大の池田さんのところのSVMのカーネルパラメータの極限的な振る舞いみたいなのも参考になりました.
まだまだ面白そうな発表はあったんですが,かなり疲れてしまったので,ほかの発表はあまり聞けませんでした.

三日目
つくばから毎日通いで統数研に行ったので,三日目にはかなりへろへろでした. しかも朝一から福水さんのトークというわけで遅れるわけにもいかず. 内容的には前に聞いた話が多かったんですが,かなり整理されてわかりやすかった.

それから津田さんのdiffusion カーネルを「局所制約+最大エントロピー」という形に改良してやるとパフォーマンスがあがるという話で,とてもわかりやすい話でした. ただ,これは全体的に言える事なんですが,話題のレンジが広いので聴衆の関心が必ずしも一様ではなく,最適化の人は統計に興味のない人が多いし,統計の人は最適化に興味がない人が多いみたいな傾向はあったかもしれません. まあ私は底の浅い人間なんで全体的にまんべんなく楽しめました. ただ,さすがに午後小原さんの正定値行列の双対幾何の話を聞いたら疲れてしまってリタイア. 一番最後のセッションは聞けませんでした.
スポンサーサイト

コメント

Metaware2005のHPは、、、

こんな、HPが!
metaware2005のHPをぐぐると
これが出てきました。
本家のHPは検索エンジンブロックしてる模様。しょーがないですね。

  • 2005/04/04(月) 13:27:30 |
  • URL |
  • ふくみず #-
  • [ 編集]

こんにちは

ふくみずさん,metaware2005ではご苦労様でした.ひまに任せてこんなページを作ってますんで今後もごひいきに.

  • 2005/04/05(火) 09:59:28 |
  • URL |
  • あかほ #-
  • [ 編集]

Metaware2005 HP

> 本家のHPは検索エンジンブロックしてる模様。

と書いてしまいましたが、樋口さんに聞いたところ、ブロックはしてなくてロボットも入っているそうです。
でもgoogleで検索できない。原因は不明。

毎回苦労して探すのは面倒なので、ここにURL貼っておきます。
http://tswww.ism.ac.jp/higuchi/metaware05/index.htm

  • 2005/04/13(水) 12:58:30 |
  • URL |
  • ふくみず #-
  • [ 編集]

Googleに見つからない理由は,<title>タグ内にmetaware2005という文字列がない,トップがフレームで,しかも中身に全くmetaware2005の文字列がないので,Googlleにmetaware2005のページと認識してもらえません.
また,metaware2005という文字列をクリックするとこのページにジャンプするようなリンクを作るのも有効です.

  • 2005/05/18(水) 17:31:58 |
  • URL |
  • 神嶌 #-
  • [ 編集]

どうもです

神嶌さん、ありがとうございます。
文字列がなければ、検索でひっかからないのは当たり前ですね、、、
HP作るときには気をつけねばなりません。

  • 2005/05/25(水) 12:52:32 |
  • URL |
  • ふくみず #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/4-bc943b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あかほ

赤穂昭太郎 &dagger; 検索: あかほ &uarr;関連ホームページ &dagger; ホームページ http://www.neurosci.aist.go.jp/~akaho/welcomej.html 朱鷺の杜ブログ http://ibisforest.blog4.fc2.com/ プライベートホーム http://www.geocities.jp/shotaro_akaho/index.html &u..

  • 2006/05/12(金) 15:10:53 |
  • 朱鷺の杜Wiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)

朱鷺の杜ブログ目次

ごあいさつ -朱鷺の杜ブログ開始 &dagger; 朱鷺の杜 Wiki open &uarr;会議情報(これからの分)&gt;http://ibisforest.blog4.fc2.com/blog-category-4.html]] &dagger; 人工知能学会研究会 &uarr;落書き&gt;http://ibisforest.blog4.fc2.com/blog-category-1.html]] &d..

  • 2006/05/12(金) 15:19:46 |
  • 朱鷺の杜Wiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。