朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本:パターン認識と機械学習 (翻訳上巻) 予約可能

本の宣伝です.

Bishop 本と呼ばれる Pattern recognition and machine learning (Springer)
の邦訳:パターン認識と機械学習(ベイズ理論による統計的予測)の上巻が
シュプリンガージャパンから12月発売予定で Amazon で現在予約可能です.

私は最初の基本の1章を翻訳しましたが,後の専門化した章には
選りすぐられた若手の(一部ベテラン?)機械学習研究者が担当しています.
また,監訳者には泣く子も黙る大御所的な先生方にお願いしてあります.

翻訳版の特徴(ほかにも特徴がありますが出版社のページをみてください):
・各章にはそれぞれの訳者のカラーがそれなりにでています.
(監訳者二人によるダブルチェックとシュプリンガーの担当者による
校正によって翻訳の質は上がっていますが,基本的には翻訳者独自の特色が出ています.
というわけでただの訳本とはひと味違うと思います.
章ごとの違いを楽しむというマニアックな楽しみ方もできます.)
例:1章では密かに原著の p(x|y) を p(x\mid y) にするなどスペーシングに凝っています.
好みもあるでしょうが... ってこれは翻訳とは関係のない話ですね.
・原著の誤植や本質的な誤りについて徹底的に議論を尽くし,適切に修正されています.
この翻訳プロジェクトによって発掘された誤植は非常にたくさんあります.
また,原著でわかりにくい部分は訳注によって補われています.
追記:しましまさんのコメントにあるサポートページ(朱鷺の杜Wiki内)をリンクしておきます.

というわけで原著を持っている人にもそれなりに楽しめると思います.

夏の間はこの翻訳でかなり消耗しましたが,翻訳の発案者であり根回しを始め
全体の統括管理を行ったしましまさんはもっと大変だったでしょう
(現在も下巻の刊行に向けて努力されています). ごくろうさまです.

できれば日本人著者によってこのような本ができるといいと思いますが,
機械学習分野には(特に入門レベルの)いい教科書があまりなかったので,
しばらくはこの本が機械学習のデパート的な本としては基本となるでしょう.
Duda and Hart の邦訳もあったが,絶版になってしまった)
この本の知識があれば,より進んだ内容の Hastie 本や岩波の統計科学の
フロンティアも読みこなせるようになると思われます.

スポンサーサイト

コメント

PRML日本語版 リンク集

サポートページ@朱鷺の杜Wiki: http://ibisforest.org/index.php?PRML
シュプリンガー・ジャパンの紹介: http://www.springer.jp/japan/math/j10013.html

  • 2007/12/11(火) 23:34:18 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/71-22aa66e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。