朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネルむかしばなし(その3)

Amazon のランキングなどを見ると,おかげさまで比較的よく売れているようで
著者としてはうれしいです.

ただし,私自身はまだ本屋さんに並んでいるのを直接見ていないので,
売れているのは Amazon だけかと心配にもなります
(目撃情報として K 大生協にあったという話は聞きました.
しかし非常勤をしている W 大理工の本屋にはありませんでした;;)

あと,Amazon だとなぜか
 本 > 科学・テクノロジー > 数学 > 微積分・解析
に分類されています.
(ひょっとして多変量「解析」だから? うーむ.
まあヒルベルト空間だから関数解析には関係あるんでしょうけど)

さて,どんどんマニアックになっていくカーネルむかしばなし第3弾です.

→第1弾
→第2弾

ベイズ国は海を渡ったプロバビリティ大陸にありました.
カーネルと魔法使いティホノフの二人は船に乗りこみました.

「これから行くベイズ国とはどんな国なのですか?」

「プロバビリティ大陸の中でも古い国の一つじゃ.
昔はフリークエント国と何度も戦争を繰り返しておったが,
今は平和条約を結んで落ち着いておる.
わしもしばらく行っておらんが,最近ではいろいろな国の種族が入って
とても強大な国になっているという噂じゃ」

「そんな国に行って大丈夫でしょうか」

「わしがついておる限り大丈夫じゃ.
カーネルよ. そんなに弱気になるでないぞ.
おまえはポジティブに考える家系に生まれついておるのじゃからの.
ほら,おまえが持っているレギュラリゼーションの書のこのページにも,
『カーネルはポジティブデフィニットなり』
と書いてあるではないか.」

「あっ 本当ですね. わかりました.」

そんなことを話しているうちに,船はベイズ国の港に入っていきました.

「ティホノフさん,あの高いピラミッドのようなものはなんですか?」

「ああ,あれはベイズ国の神殿じゃよ. ベイズ国ではベイズ教が信じられており,
あの神殿にはベイズフォーミュラという御神体がおさめられておる.
ベイズ教はなかなかよい教えじゃが,まだ子供のおまえには影響力が強すぎる
かもしれんな. だがわしがついておれば大丈夫じゃ」

こうしてカーネルとティホノフはベイズ国に上陸しました.

カーネルは初めて外国の地を踏んだという興奮がおさえきれません.
ベイジアンネット空中サーカスを見たり,人気の中華料理店インフィニットミクスチャ
やインド料理のバフェなどでたらふく美味しいものを食べてすっかり観光気分です.

「カーネルよ.楽しむのもよいが浮かれすぎるでないぞ.
われわれはこれから古都ガウシアンに向かうのじゃ」

「ガウシアンは両親から名前だけは聞いたことがあります.」

「そうじゃろう. ガウシアンとリニア国は古代の昔から深い関係があるからのう」

二人はほどなくガウシアンに着きました.
ガウシアンの街を歩いていると,人々が驚いたような様子で二人を見ています.

「みんななぜわたしたちを見ているのでしょうか」

カーネルがそう言いかけたとき,カーネル自身信じられない気持ちになりました.
なんとカーネルにうり二つの子供がこちらに向かって歩いて来るではありませんか.
ただ,着ている服はプロバビリティ大陸特有のものでした.
その子供は二人に話しかけました.

「わたしはガウシアンのプロセスというものです. 街のみんなの話を聞いてやってきました.
あなたがたはどなたです?」

「わしが答えよう. これはリニア国から来たカーネル,そしてわしは魔法使いの
ティホノフじゃ. リニア国を救うために旅をしておる.
ガウシアンのプロセス,そしてカーネルよ.
おまえたちはある意味双子のようなものなのじゃ.
それもカーネルの持っているレギュラリゼーションの書に書いてある.
プロセスのもっている知識がきっとカーネルの役に立つに違いないと思ってここに来たのじゃ.」

「それはようこそいらっしゃいました.長い旅でお疲れでしょう.
うちでしばらくお休みください」

プロセスとカーネルは子供同士すぐに打ち解け,いろいろな話をしました.
カーネルとプロセスは姿だけではなく食べ物の好みなどもそっくりでした.
また,カーネルが覚えたレギュラリゼーションの呪文は,ベイズ国では
神官のみに許されたプライアと呼ばれる秘伝の一種であることもわかりました.

「ティホノフさん,プロセスに会って私の力もアップしたように思います.
プロセスの言っていたプライアには,呪文の強さだけでなく,ハイパーパラメータとかいう
ものを使ってもっと複雑にコントロールできるのもあるそうなのですが...」

「カーネルよ. 複雑であればよいというものでもないぞ.
下手をすればノンリニア国が陥った過ちを繰り返すことになる.
おまえはとりえあず最も簡単なクアドラティックレギュラライザーの呪文に
磨きをかけることじゃ. クアドラティックレギュラライザーにはまだおまえの
知らぬ秘密が隠されておるのじゃ. 今日はもう遅い.
この話はまた明日話すこととしよう. わしはもう寝る.」

カーネルはプロセスから聞いた話や,今ティホノフが言った言葉について考えている
うちに眠りに吸い込まれていきました.

(ベイズ国後編に...つづいてもいいのか?)
スポンサーサイト

コメント

ディメンジョンの呪い

いよいよ,ディメンジョンの呪いをかけた魔王の名が明かされるのでしょうか?
o(^o^)o ワクワク

  • 2008/12/20(土) 22:19:45 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

ディメンジョンの呪い

カーネルは夢を見ました.
話で読んだ白の女王や冥王サウロンよりもはるかに恐ろしい姿をした魔王がディメンジョンの呪いで襲ってきたのです.
ディメンジョンの呪いはカーネルの前にあったみかんに命中しました.
魔王はカーネルに言いました.
「そのみかんの皮をむいてみよ」
カーネルが皮をむいてみると,薄い皮であるにもかかわらず中身が砂粒よりも小さくなっていました.
「そう簡単にわしのことを倒すことはできぬぞ」
そう言うと魔王は去っていきました.

  • 2008/12/21(日) 18:26:47 |
  • URL |
  • あかほ #kKb.gW6k
  • [ 編集]

ガウシアン帽

ガウシアンの人たちは,よく丸い山型の帽子をかぶっているらしい.
帽子の裾がちょっと上がっていると「あいつら,スチューデントティー村のやつらだ」といって指をさされるらしい.

  • 2008/12/24(水) 13:06:42 |
  • URL |
  • しましま #-
  • [ 編集]

W大理工

はじめまして、W大理工のものです。いつも更新を楽しみに拝見しています。

私も先日入手しようと生協で在庫を尋ねたら、「現在在庫切れなので、また注文しておきます」とのことでしたた。新刊の棚に並んでたそうなので結構売れたみたいですよ。

  • 2008/12/26(金) 16:10:14 |
  • URL |
  • たに #v0W2OX1k
  • [ 編集]

W大理工

たに様
情報ありがとうございました.
私自身はいまだに本屋で見たことはないですが,そのような情報を聞くと少し安心します.

  • 2008/12/26(金) 22:36:48 |
  • URL |
  • あかほ #kKb.gW6k
  • [ 編集]

ガウシアン帽

「ガウシアン帽は図1.2に書いてあるのう。
くれぐれもこれより裾を上げないことじゃ。
まあスチューデントティー村の連中はみなポジティブなやつらばかりじゃから
カーネルの仲間なのじゃ。
それに年をとればまたガウシアン村に戻ってくるから心配はいらんぞ。」

  • 2009/01/05(月) 17:41:52 |
  • URL |
  • あかほ #kKb.gW6k
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/85-fc1487c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。