朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R と matlab

しましまさんから岩波本感想 audioswitchさんブログ を教えてもらいました.
わかりやすいと書いてありホッとしました.
その上森北本まで宣伝していただいています.
それにしてもしましまさんの情報収集能力はすごい.

それから,誤植情報もサポートページにて更新.
最近藤木さんや村田さんと共同研究しているメンバーの日野英逸さん@村田研さんが
たくさん誤植を発見してくれました. 感謝.
結構すごく基本的なところの誤植もあり,当たり前のところは校正でも結構スルーして
読んでしまっていたんだなと反省しました.

さて,今日の本題はカーネル法のプログラムについて.
岩波本では R 上の kernlab, matlab 上の spider, それから多様体あてはめでは
matlab 上の mani というパッケージを参考にしています.
ただし,表示はあまり印刷向きじゃなかったりするので自前で作りました.
やっつけ仕事でやったのでそのまま公開するには恥ずかしいので,多少整理したり
改良を加えてからサポートページに載せようと思います.

R と言えば,最近は解説書も雨後の竹の子のようにいっぱい出ています.
Amazon でも勧められてついつい買ってしまいます.
私が R の元となっている Splus を使っていた頃はこんなに広まるとはちょっと想像してなかったです.

そもそも最初に S という言語を知ったのはまだ学生の頃で,広津研の助手をしていた栗木哲さん(現統数研,もしかするとその前の椿広計さんかも)が演習かなんかのときに紹介していました.
その頃は統計なんかたいして興味もなかったのですが^^;プログラム言語好きだったので
なんとなく記憶していました.

その後電総研に入って,研究室の Sun のワークステーションに S が入っていて(栗田さんか麻生さんが入れていたと思う),
いろいろ触っているうちに,これは便利な言語だと思ってすっかり S/Splus フリークになっていました.
ただし,その頃はやはり計算機がまだ遅かったのであまりヘビーなシミュレーションとかは C でやっていました.

電総研から産総研に変わる頃,ICAの研究をかじっていたのですが,ICA では理研のグループを中心に matlab が全盛でした. というわけでしばらくしてお金ができたときに matlab を買って,それ以降は matlab の方がメインになっていきました.

そんな中で R が現在のようにポピュラーになってきたので,また2-3年前に再び R も使い始めたというところです.
フリーソフトウェア(もしかするとこの言い方は不正確かも)の割に Splus にひけはとっていないし,コミュニティも充実しているのが人気の理由でしょうか.

まあ R も matlab もそれぞれ長所短所があると思うのでその辺りの比較論議もやっていきたいですね.

というわけで今日はこの辺で.
カーネルむかしばなしも続きをどうするか悩みどころなのですが,まあどうせお遊びなので,お正月休みにぼちぼち考えようと思っています.
# っつーかその前に大量の査読の山を少しは減らさないと^^;;;

たぶんこれで年内のブログ更新はないのでごあいさつ.

岩波本をたくさんの人に買っていただき感謝いたします.
みなさまよいお年をお迎えください.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/86-0e05e9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。