朱鷺の杜(IBIS)ブログ

情報論的学習理論(IBIS)に関する管理人の独断と偏見に満ちた意見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネルむかしばなし(その4)

今年度最後の講義でW大に行ったら岩波本が3冊置いてありました.
書店に並んでいるのを見るのは初めてです.
北関東最大?の売り場面積を誇るイーアスつくばの本屋でも見たことがないので,
ひょっとすると北関東の本屋には存在しないのではないのでしょうか.
ビショップ本は産総研生協にも筑波西武の小さな本屋にも売っていましたが...

さて若干手詰まり感のあるカーネルむかしばなしですが第4弾をお送りします.

→第1弾
→第2弾
→第3弾

ティホノフはカーネルに言いました.

「おまえは父親のパラメータと母親のフィーチャー姫がどのようにして
おまえを作ったか知っておるか」

「よ,よく知りませんが...
ティホノフさん,いきなり18禁の話題でも大丈夫でしょうか.」

「心配ない. 『レギュラリゼーションの書』の読者は間違いなく18歳以上じゃからの.
それにおまえもゼットカイのカンブンポーキソで勉強していたじゃないか.
しかしそんなことはどうでもよい.
リニア国では子供を作るのはインナープロダクトというやり方に決まっておるのじゃ.
すなわち『中で掛け合わせる術』じゃな.
ガウシアンでは『子バリアンス』とも呼ばれておるからプロセスに聞いてみるとよいぞ.」

「インナープロダクトは友達のヒルベルトに聞いたことがあります.」

「おお,ヒルベルトと知り合いか. やつはファンクションスペース界の妖霊で,
インナープロダクトの秘伝を受け継いでおるからのう.
すでにおまえも知っておろうが,妖霊は恐ろしいものじゃから,話をするときは
ペンタクルの外に出ないようにしないとあっちの世界に引き込まれてしまうから
くれぐれも気をつけろよ.」

「それは承知しております.
ところでティホノフさん,私は両親のどちらにも似ていないような気がするのですが,
私は本当に両親の子供なのでしょうか」

「一見するとそう感じるかもしれんな. おまえが掛けている眼鏡を外してみるがよい」

カーネルは小さいときからなぜか掛けさせられている眼鏡を外してみました.
すると,自分自身の中に母親のフィーチャー姫の姿が隠れているのが見えました.

「どうじゃ. その眼鏡はカーネルトリックの眼鏡と呼ばれておる.
おまえの体は実はフィーチャー姫とフィーチャー姫がインナープロダクト
をしてできたものなんじゃよ」

「えっ,それってひょっとしていわゆる単為生殖ですか?
そうすると,父親から引き継いでいるものはないのでしょうか」

「そうあわてるでない.
おまえの一つ一つの細胞は確かに母親のものじゃが,その細胞をどう組み合わせるかは
父親からちゃんと受け継いでおるのじゃ」

「それを聞いて安心しました.
でも,なぜカーネルトリックの眼鏡が必要なのでしょうか.
私には眼鏡を外した方がリニア国の人間らしい姿に見えるのですが...」

「ディメンジョンの呪いが強いときにはカーネルの姿でいる方が防御になるのじゃ.
だから,敵が襲ってくる可能性があるときはその眼鏡は外してはならんぞ」

「わかりました.
しかし眼鏡をかけたままでも子供を作ることができるのでしょうか.
カーネルの姿ではどうやってインナープロダクトすればよいのかわかりません.」

「そこが肝心なところじゃ.
おまえはおまえ自身とインナープロダクトをすることによって子供を作る.
そういう意味でおまえは母親と同じ能力を持っているのじゃ.
しかし,おまえが特別なのは,おまえがインナープロダクトしてできた子供は
おまえ自身になるということなのじゃ.
これこそカーネル,おまえがリプロデュース王朝の真の後継者である証なのじゃ」

カーネルはなんだかきつねにつままれたような気持ちになりました.

「わたしはいったいどれが本当の自分かわからなくなってしまいました.
リニア国のパラメータとフィーチャー姫の子供なのか,ポジティブな脳天気人間か,
ガウシアンのプロセスの双子なのか,それともそのリプロデュース王朝の末裔なのか...」

「すべてが本当のおまえじゃよ.
全く同じものでも見方によって全然違うものになるというのは世の中にはよくあることじゃ.」

「なんだかよくわかりません」

「ちゃんと理解するにはもう少し修行が必要かもしれんな.
じゃがそもそもこの世界は例え話の世界じゃから,この辺りが限界なのじゃ.
おまえが何者であるかは『レギュラリゼーションの書』の 6 章の最初の図に
書いてあるからよく見ておくがよい.
さて,これでおまえ自身についてはかなりわかったじゃろう.
次からはいよいよ敵と戦う術について教えてやることにしよう.
今日はずいぶん頭を使ったから酒でも飲んで寝ることにしよう.」

「ティホノフさん飲んで寝てばかりいませんか?」

「そんなにあくせくしてもしょうがないぞ.
世の中に流されずのんびり構えていることも大事なことじゃ」

(ベイズ国とはあまり関係なかったなあ...つづきはいつになるやら...)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ibisforest.blog4.fc2.com/tb.php/89-b414fde9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。